スポンサードリンク

若年性認知症を防ぐに雁がね茶

 若年性認知症を防ぐには脳の機能回復するテアニン


 若年性認知症、若年性痴呆症といわれる、若ボケが増えているそうです。
 若ボケというと気のせいのような気もしますが、実際に若年性痴呆症の
脳は萎縮傾向にあるそうです。(;゜;∀;゜;)

 原因は頭を使わないせい。
 使わないと、毛細血管には血流(酸素)がいかず、血管が収縮。脳の神経細胞
がへってしまいます。
 するといざという時に脳が働かず、頭が真っ白。または「何しに来たんだっけ」
ということに。

 さて、若年性認知症をふせぐには何より脳を使うことですが、緑茶にもその
サポート効果があります。
 緑茶のテアニンは脳の新陳代謝を活発にして、脳細胞の死滅をおさえてくれる
のです。若年性認知症にもしっかり効果を発揮。

 テアニンは緑茶に含まれていますが、とくにテアニンを多く含むのは雁がね茶
 通常の緑茶の3倍近くテアニンを含みます。
 毎日テアニンを飲んでいる人は脳年齢が実年齢の30歳以上若いとか。
 

 最近物忘れが気になる方は、雁がね茶を。
 日に3杯ほどでテアニンの一日の目安量(
500mg)が十分摂れます♪

本場「京都宇治田原町産」『雁がね茶(かりがね茶)』
価格 980円 (税込1,029円) 送料別








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。