スポンサードリンク

野菜でもっともカルシウムを含むもの

 骨粗しょう症対策に小松菜

 骨粗しょう症対策というと、牛乳、小魚が筆頭にあがってきますが、
牛乳ぎらいの方もいるはず。小魚ぎらいの方も。
 でも、大丈夫。野菜からもカルシウムは摂れます。

 小松菜のカルシウムは290r(100g中)
 
 ほうれん草の5倍のカルシウム含有量。野菜のなかでは第一位。
 小松菜100gで一日のカルシウム必要量の半分は摂れてしまいます。

 β−カロチンも1800IUと、一日必要量を軽くクリア。
 皮膚や粘膜を丈夫にし、免疫力をUPしてくれます。
 ビタミンCも多めで、必要量の75パーセントが取れます。

 小松菜と油揚げの煮びたしなど、骨粗しょう症対策しつつ、油あげの
油でβ−カロチンも取り込めば、二重においしいですね。


静岡県産の農薬不使用栽培味の濃い!小松菜1束
特別価格 180円 (税込) 送料別



 近年、牛乳などでカルシウムを摂ると、よけいにカルシウム不足になる
といわれています。牛乳をよく飲む国民にかぎって骨粗しょう症が多いのだとか。
 
 小松菜は葉肉が厚く、緑が濃く、葉脈があまり発達していないものが良品
だそうです。
 今夜、ご家族の骨粗しょう症対策に小松菜の小鉢をそえては?








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。