スポンサードリンク

塩分排出にリンゴ酢

 塩分控え目ができない、高血圧・高脂血・高血糖な血液ドロドロな方
 ――わたしです。(゚∀゚)

 脳梗塞・心筋梗塞におびえつつ、血管をボロボロにする
塩分が控えられません。
 塩味がきいていないと食べた気が起こりません。(T-T)

 塩分は体を温める作用があり、じつは体にいい役割も
しているらしいのですが、
 血管を硬化し、ボロボロにしてしまいます。

 塩分控えず、心筋梗塞にならずにすむにはもう

 塩分を排出するしかありません。ヽ(`Д´)ノ

 塩分排出にはカリウム。
 カリウムがたくさん入っているのは何か!
 
 トマト。
 リンゴ。
 バナナ。

 しかし、カロリーの高いバナナ、値段の高いリンゴを毎日
食べるのも……(T-T)トマトあんまり好きじゃないし……
 
 リンゴならぬリンゴ酢もカリウムが豊富です。
 リンゴ酢ジュースを日々飲めば、カリウムが塩分と結合して
排出されてしまいます。

【 血液サラサラ カリウムたっぷりのリンゴ酢ジュースの作り方 】

@ リンゴ酢とハチミツとスプーン2杯ずつ、コップにいれます

A お水で割って飲みます♪

 100パーセントリンゴ果汁を発酵させた天然リンゴ酢は
カリウムがたっぷり。アルコールを加えて発酵させたものより有効です。

  






暑がり、でも冷え性の人

 手足がほてる、暑がり――じつは冷え性

 「足が熱くて眠れないんですが」

 整体の先生に相談した時、「ああ、それは冷えのぼせ」と
即答されました。

 夏場など足が熱くて眠れないということがよくありますが、
じつは冷え性の症状だったりします。

 冷え性の場合、手足が熱くても、おなかに触ってみると冷たいのです。

 手足の火照りは、むしろ体内の熱が外に逃げている状態です。

 汗かきの人も冷え性。
 漢方では汗かきの人を「虚性」(体力低下)に分類します。
 汗かきの人は水分が多すぎるので、体が温まるために水分を排出して
いるのだそうです。

 もちろん足がむくむ、下半身のむくみも冷え性の顕れです。

 「おなかのつめたさ」「汗の量」「むくみ」は冷え性のサイン。
 
 また、歯茎の色素沈着、唇が紫っぽい、目の下のクマ、生理不順
なども冷え性、冷えのサインです。
 体を温めてあげましょう♪






冷え性に速効、ショウガ紅茶

冷え性をてっとり早く撃退するにはショウガ紅茶です。

「頭の疲れがとれてすっきりする」

「偏頭痛や首のコリ、腰痛が軽くてすむようになった」

(漫画家の里中満智子先生の「健康法の女王」から)

 里中満智子先生のアシスタントさんたちはいつも
冷房の効いた部屋で仕事していたため、からだの不調を訴えていたのですが、
ショウガ紅茶を愛飲するようになって、上のように調子が
よくなったのだそうです。

 石原クリニックの石原結實先生によれば、病気は「冷たいところ(
血行不良)に起こる!」

 冷え性撃退にショウガ紅茶を勧めておられます。ヽ(`Д´)ノ


 紅茶のカフェインが余分な利尿作用で水分を排出し
ショウガのジンゲロンなる成分が発汗・利尿作用
さらに黒砂糖で滋養強壮作用が促されます。


冷え性解消! ショウガ紅茶
作り方はいたって簡単

@ 紅茶を淹れ

A すったショウガを入れる

B お好みで黒砂糖やハチミツなどをいれる


また、里中満智子先生は紅茶にショウガのスライスを数枚入れる
そうです。
レモンを数滴垂らすと味が深くなるとか。


冷え性ではなくても、寒くてやる気の起きない午前中
ショウガ紅茶がおすすめです。お砂糖を入れると脳に糖分が
いきますので、ぼやけた頭にもグッドです。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。