スポンサードリンク

危険なマーガリン トランス脂肪酸

 ドイツではトランス脂肪酸を含むマーガリンの製造を禁止。
 アメリカのFDAでは2006年1月よりトランス脂肪酸の
含有量の表示を義務づけています。

 「植物性だから」と一見、体によさそうなマーガリン。
 しかし、植物性油は液体のはずなのに、マーガリンは固まって
いますよね。

 マーガリンの原料は植物性油。
 これを120度の高温・高圧状態にして水素ガスを反応させるという方法で
固まらせているのです。

 この水素添加の状態で「トランス型脂肪酸」というものができてしまいます。

 トランス脂肪酸が細胞内にたくさんあると、細胞膜の働きがうまくいかなく
なります。
 さらに、血液中の悪玉コレステロールを増やして心臓病のリスクも高めます。

 アメリカの8万人の女性を対象にした調査で、トランス脂肪酸を
 たくさん摂る女性はそうではない女性より3割も心筋梗塞にかかる確率が
高かったそうです。

 マーガリンではなく、オリーブオイルをそのままつけるのも美味しいですよ。






脳梗塞タイプの方にイイお酒

 脳梗塞や心筋梗塞といった血管系に危険因子をもつ
 でもお酒が好き(゚∀゚)という方に

 血液をサラサラにする紅花酒がオススメ

 紅花は血液サラサラ効果が高く、
 脳梗塞などをおこしやすいドロドロ血の方に最適。

 紅花油は不飽和脂肪酸を多く含み、コレステロールを
減らす効用が認められています。

 紅花酒を飲むようになって脳梗塞の再発が起こらない、と
いう人もけっこういるようです。

 血液サラサラ効果が高いので脳梗塞以外にも更年期障害や
生理痛といった婦人病にも効くそうですよ。
(ただし妊婦さんは流産の危険があるので避けてください)

 乾燥した花をお茶にいれるとクセもなく手軽に摂れます。


【 脳梗塞タイプのお酒好きに 紅花酒の作り方 】

@ 乾燥した紅花100gにホワイトリカー1.8リットルをいれる

A 密閉し、保存。
  2ヶ月たったら、紅花を越して少しずつ飲みましょう♪ 






不整脈? 茶油で血液サラサラ

 不整脈って怖いですね〜。
 昨日、テレビではじめて知りました。(T-T)

 不整脈になると、血栓ができやすくなる?!
 その血栓は非常にでかい?!
 その血栓が飛ぶと、数秒で脳梗塞に!

“o(>ω< )o"ヤダヤダ!!"o( >ω<)o"

 不肖ワタクシの家系は一代前が全員心筋梗塞もちという
ドロドロ血一家。おばあちゃんは脳梗塞で半身不随になって
亡くなりました。
 不整脈、高脂血、高血圧の話題は他人事ではありません。o(TヘTo) クゥ

 血液サラサラに効果があるというオリーブオイルなども
使ったりしておりますが、

 さらによいのが 茶油 らしいです。

 茶油とはお茶の実をしぼった油。
 動脈硬化をすすめる悪玉コレステロールをへらすオレイン酸の
含有量がきわめて高い。
 血液サラサラ効果が著しいとのことで、お茶どころ中国福建省では
心臓が悪くなると、茶油をスプーンで飲んだりするそうです。

 味も香りもクセがないとのこと。
 抗酸化作用が強いので、フライなどを作ってもサラっとして油が
酸化しにくいそうです。

 ウチのように心筋梗塞・脳梗塞の多いドロドロ血家系の方に
オススメいたします。(ToT) 
 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。