スポンサードリンク

内臓脂肪を燃やす法カテゴリの記事一覧

内臓脂肪に効く 酢黒豆ダイエット

 だるい?
 疲れ気味?

 疲れた時に酸っぱいものは美味しいですよね。
 疲労回復し、さらに内臓脂肪もとれて、血液サラサラ。

 そんな健康食品がスーパーで買える材料で作れます♪

 内臓脂肪に効く 酢黒豆 

 酢のクエン酸には内臓脂肪を燃やすはたらきがあります。
 黒豆には、血糖値を安定させる作用があり
 脂肪のもと胆汁酸を吸着して、体外に排出してくれるという
 はたらきがあるのです。
 

【 内臓脂肪に効く 酢黒豆の作り方 】


@ 黒豆を空炒りし

A 瓶にいれて、穀物酢を三分の二ほどそそぎ、一日待つ

B 豆がふくらんだら、またひたひたまで酢をそそぐ
  これを数回繰り返す

C 瓶がいっぱいになったら一週間、冷暗所で寝かせ

 食べられます。
 毎日少しずつ食べましょう♪






内臓脂肪とは

 内臓脂肪とは、内臓のまわりにつく脂肪

 内臓脂肪は内臓の周囲につき、内臓を支える役割を
しています。また、余分なエネルギーの貯蔵庫でもあります。

 しかし、内臓脂肪のためすぎは、インスリンの働きを悪くさせ、
ドロドロ血――高血糖の原因になってしまいます。

 おなかをつまんでみましょう。

 プルプルしていますか。それは皮下脂肪。
 カチカチの太鼓腹の場合、内臓脂肪です。(T-T)

 下っ腹の内臓脂肪には硫化アリルなどが有効。
 腸を刺激して、腸のまわりについた内臓脂肪をふるい落として
 くれます。

 硫化アリルは玉ねぎ・ニンニク・ネギなどに入っている臭み成分です。
 行者ニンニクなどは内臓脂肪に効き、血液をサラサラにして
さらに抗酸化作用もあると注目されています。
 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。