スポンサードリンク

ホルモン補充療法(HRT)とは その2

ホルモン補充療法(HRT)を受けられない人


更年期障害の治療において、ホルモン補充療法(HRT)は画期的な
治療法ですが、受けられない人もいます。



・乳がん、子宮体がんに現在かかっている人

・過去5年以内に乳がん、子宮体がんにかかったことがある人

・重い肝機能障害がある人

・子宮内膜症で苦しんだ人



またホルモン補充療法(HRT)を受ける前に注意が必要なケースも
あります。


・子宮筋腫

・乳腺症

・高血圧症

・血栓症


ホルモン補充療法(HRT)は、女性ホルモンを補充するので、
女性ホルモンが関係する子宮や乳房に影響します。
問題があると、症状を進めてしまう心配があるのです。








更年期 ホルモン補充療法(HRT)とは

更年期障害治療のホルモン補充療法(HRT)


ホルモン補充療法(HRT)とは、その名のとおり、閉経によって
減ってしまった女性ホルモンを補充する療法です。


ホルモン補充療法を受けることで、更年期障害はもちろん、更年期に
起きやすい動脈硬化や骨粗しょう症の予防
にもなります。

HRTを受けていると子宮内膜がんにかかりにくい、というデータも
あるんですよ。



【ホルモン補充療法の実際】


具体的には錠剤などの内服薬を飲みます。主成分はエストロゲン

貼り薬もあります。
貼り薬は肝臓を通さず、血液に流れ込むので、肝機能にトラブルの
ある人でも使えます。

ただし、ホルモン補充療法を受けることのできない人もいます。


 つづく






更年期障害からくるストレスにユリ根

 春めいて陽気がよくなってくると
 わけもなくストレスにかられる――それは肝と腎との
不調が関係するといわれます。





 肝機能が不調だとイライラ、怒りっぽくなったり

 腎機能がおとろえると、不安感などの感情が強くなります。



 このストレスを乗り切る食養生としては、肝・腎を整える
(血液循環・水分代謝)食材が効果的です。




 漢方の古書で「百合病(ノイローゼ)はユリ根
なければ治らない」とあるそうです。




ぷっくり太った!美瑛・富良野産・ユリ根(2L・秀品)1Kg(6〜7玉)



 百合病とはわけもなく食欲が落ちたり、寒気がしたり、
熱が出たり、つきものがついたような状態になることです。


 ユリ根は更年期障害からくる精神不安やストレス、
不定愁訴によく効く
とのこと。


 ユリ根をハチミツをたらして蒸したものを朝晩食べると
イライラや不眠によいそうです。


 また、クルミも神経衰弱・健忘症・不眠に有効。







更年期障害でイライラ?紅花茶でスッキリ

更年期障害でイライラ? 紅花茶でスッキリ

更年期障害

 更年期障害からおこる火照り、頭痛、イライラ、肩こり。
 
 むかしから婦人病の特効薬、血の道の病に効くとされてきた
紅花(ベニバナ)は
 更年期障害、貧血、冷え性、頭痛、めまい、肩こり、生理不順、
イライラに効くといいます。

 紅花にはスゴイ血液サラサラ作用があるのです。
 種子からとった紅花油はコレステロールをさげ、血液を
サラサラにしてくれます。
 紅花酒を飲みつづけて、脳梗塞の発作が再発しないという
声も。

 更年期障害は卵巣ホルモンの分泌状態が変わる時期に
現れる不定愁訴。
 血液をサラサラにして、更年期障害の症状を緩和して
しまいましょう。

 毎日のお料理の油を紅花油に変えてもいいですね。
 乾燥した花をお茶やお料理にいれて摂るのもOK。
 彩りがキレイになります。
 乾燥した紅花は漢方薬店で売っていますよ。


※血液サラサラ効果がとてつもなく高いので、
妊婦さんは飲んではダメとのことです。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。