スポンサードリンク

お茶のテアニンでアルファ波が出る!?

 緑茶のうまみ成分テアニンでアルファ波が生まれる

 疲れた時の一服。
 緑茶の香りや味はほっとリラックスさせてくれますね。

 緑茶の渋みはカテキン。甘味、うまみはテアニンというアミノ酸に
よって感じられます。

 テアニンにはリラクセーションの効果。
 テアニンは自立神経の副交感神経の働きをたかめ、脳波では
アルファ波を増やすことがあきらかになっています。
 
 また、テアニンは記憶力、学習能力も向上させ、虚血による
障害から脳神経細胞の保護をするという役割も。ヽ(`Д´)ノ
 脳トレのお供にお茶です!

 テアニンは緑茶にのみ存在する成分です。
 とくに日にあてずに育てた玉露や抹茶に多く含まれます。

★ ふつうのお茶でもテアニンをうまく溶出するコツがあります。
 
 10度の冷水でいれるとテアニンが多くでて、リラックス効果。
 また40度のお湯だと、カテキンが多く出て高血圧に有効。
 90度のお湯だとカフェインがよく出るので眠気覚ましにいいですね。








季節性のうつにセントジョーンズワート

 なんとなく憂うつ、やる気がおきない、はうつ病の兆候。

 うつ病は特殊な病気ではなく、誰もがかかる可能性をもっています。
「なんとなく憂うつ」が2週間以上続く時は要注意。 

 うつ病になると、何らかの原因で脳内の神経伝達物質、
セロトニンやノルアドレナリンなどの量が減ってしまいます。
 そのために薬物療法がとられてきました。
 プロザックなどの抗うつ剤が有名です。

 セントジョーンズワートは「天然のプロザック」を呼ばれる
うつに有効なハーブです。
 
 プロザックに負けない抗うつ作用があり、しかも副作用が少ない。
 セントジョーンズワートに含まれるヒペルフォリンという成分が
抗うつ効果を発揮すると考えられています。とくに軽度から中程度、
冬に悪化する季節性うつ病に対して、優れた効果が認められています。

 ただし、抗うつ薬と比較して少ないとはいえ、副作用が出る人がないわけでは
ありません。咽喉のかわきや頭痛を訴える方もいます。
 
 また、ピルやワーファリンなどほかの医薬品と併用すると悪影響が
ある場合があるので、ほかに薬を飲んでいる方はお医者さんに相談して
から使いましょう。







ギャバが一番含まれているもの

 ギャバがたくさん入っているというから玄米にしたのに(゚∀゚)

 ストレスをコントロールするには、ギャバがよいそうです。
 世の食品は神経を興奮させ、いわばアクセルの働きをする成分が
大いのですが、ギャバはブレーキ、神経をおだやかにしてくれる
作用があるとか。

 ギャバが一番たくさん入っている食品、というのが、みのさんの
おもいっきりテレビでやっていました。

 ギャバが一番たくさん入っていたのは、「ぬか」でした。

 ぬかづけ、水分の多い野菜がよいらしく、特にキュウリのぬかづけに
一番ギャバが含まれておりました。(さらに古漬けのほうがよいとのこと) 

 ふつうのお米でも30分つけたあたりからギャバが増え始めます。
 同じお米でもたく時には3時間ぐらい浸けるとギャバが増えておトク。  

 最近、イライラが、という方、玄米と古漬けでギャバを十分とると
気分も安らか、からだの調子もよくなってしまうかもしれませんよ。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。