スポンサードリンク

化粧品 水をぬっても効く?!

「水って効くねえ」

 ある女性が出先で化粧品を使えなかった時、水を懸命に
顔にパッティングしたら、その日はうる肌だったとか――。

 水が効くかどうかは、わかりません。
 しかし、そこに「思い」があると、水だろうと化粧品だろうと
思いがけない効果を産むようです。

 美肌のカリスマ、佐伯チズ先生の本にも、「化粧品や肌と対話しながら」
使うとよく効くとありました。
「5万円やで、効いてや」
「ほんまたのむで」
 肌にも「白い、白い」「がんばれよ」と話しかけます。
 欠点をなじるとよけいひどくなるそうです。

 化粧品は良くも悪くも、それほど目ざましい効果はないのだそうです。
 劇薬を使ってアレルギーなどを起こす方がいたら困るので、業者も
あまり強いものは作れないとのこと。

 その化粧品で二倍、三倍の美肌効果を引き出すカギは「思い」。
 「この化粧品で綺麗になる」という思いで肌はテキメンにキレイになるようです。

 話し掛ける言葉によって水の結晶がカタチを変えるという話がありますね。
 化粧品もそうなのかも。(゚∀゚)







保湿のための 冷たい美肌スープ

 とくに保湿に特化した
 しっとりうる肌のためのアボカドスープです。

 保湿の美肌スープ  アボカドと豆乳のスープ

アボカド 8分の1個
豆乳   100cc
洋風だし 100cc

@ アボカドは皮をむいて適当に切り

A 豆乳とアボカド、洋風だしをいれてミキサー

B 塩コショウ・しょうゆで味付けして、
  冷蔵庫で冷やして飲みます♪


 豆乳はアンチエイジングのスーパースターですが、
アボカドは保湿の王様。保湿成分セラミドを作るビタミンFが
たっぷり含まれています。
 肌荒れをふせぐビタミンB6やビタミンEも保湿に
役立ってくれます。

 飲みにくい豆乳もスープにすれば、ぐっと飲みやすくなりますね♪


〔参照: 自分で作るクスリ箱 南恵子監修〕






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。