スポンサードリンク

若ボケ若年性認知症対策カテゴリの記事一覧

若年性認知症を防ぐに雁がね茶

 若年性認知症を防ぐには脳の機能回復するテアニン


 若年性認知症、若年性痴呆症といわれる、若ボケが増えているそうです。
 若ボケというと気のせいのような気もしますが、実際に若年性痴呆症の
脳は萎縮傾向にあるそうです。(;゜;∀;゜;)

 原因は頭を使わないせい。
 使わないと、毛細血管には血流(酸素)がいかず、血管が収縮。脳の神経細胞
がへってしまいます。
 するといざという時に脳が働かず、頭が真っ白。または「何しに来たんだっけ」
ということに。

 さて、若年性認知症をふせぐには何より脳を使うことですが、緑茶にもその
サポート効果があります。
 緑茶のテアニンは脳の新陳代謝を活発にして、脳細胞の死滅をおさえてくれる
のです。若年性認知症にもしっかり効果を発揮。

 テアニンは緑茶に含まれていますが、とくにテアニンを多く含むのは雁がね茶
 通常の緑茶の3倍近くテアニンを含みます。
 毎日テアニンを飲んでいる人は脳年齢が実年齢の30歳以上若いとか。
 

 最近物忘れが気になる方は、雁がね茶を。
 日に3杯ほどでテアニンの一日の目安量(
500mg)が十分摂れます♪

本場「京都宇治田原町産」『雁がね茶(かりがね茶)』
価格 980円 (税込1,029円) 送料別








朝、調子が出ない方。糖分とってます?

 脳が消費するエネルギーは全体の20パーセント


 からだに対し、脳はそれほど重い部分ではありません。(脳の重さは
だいたい1・3キロ)しかし、食うエネルギーは20パーセントと大喰らい。

 このエネルギー源は血液に溶け込んだブドウ糖です。成人の脳はなんと
1日に120gものブドウ糖を消費するのです。

 ブドウ糖は穀物やでんぷんなどの炭水化物が分解されたもの。

 寝ている間に脳は体内のブドウ糖をすっかり使い切ってしまいます。
 朝は燃料ぎれ状態。
 朝ごはんを摂ることで、ブドウ糖が脳にまわり、働きはじめます。

 ブドウ糖入りのレモネードを飲んだグループと
 違う甘味料入りのレモネードを飲んだグループが記憶力テストをしたところ
 ブドウ糖入りのグループが40パーセントもスコアが高かったとか。

 脳の栄養が足りないとすっきり目覚めないだけでなく、
 気分が不安定になって怒りっぽくなるそうです。

 朝少しでも寝ていたいから、と朝食を抜いている方、
 午前中のお仕事のためにはブドウ糖を補給したほうがいいようです。(゚∀゚)







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。