スポンサードリンク

熱中症を予防!カテゴリの記事一覧

熱中症 死者57人に

熱中症による死者、去年の倍


 本日(8月23日)までの熱中症による死者が例年の倍だそうです。
 なぜ、今年、これほど熱中症の被害が多いのでしょうか。

 識者の意見ですが、


「暑さには慣れが必要」 


 今年の7月は冷夏を予想するぐらい寒かった(平均24.4度)のに
 対し、8月は29.8度平均。


 からだが慣れず、お年寄りなどの被害が多くなったのでは、と
いうことです。


 からだは汗で体温を下げようとしますが、
加齢によって汗がかけなくなります。汗をかく機能は下半身から
弱ってくるとのこと。
 
 

 下半身にあまり汗をかけない、顔しか汗をかけない方は要注意

 適切な塩分と水を補給して熱中症から体を守りましょうヽ(`Д´)ノ


注意: コーヒーは利尿効果があるのでダメです。
    お酒は脱水効果があるのでさらに危険。
  


 
  


↑ガテンな職場から熱中症よけに生まれた熱中飴(゚∀゚)
 (飴だけじゃなくお水もいっしょに)






熱中症 水の飲み方

熱中症、慢性脱水を予防する水の飲み方


千葉県市川市大町の市動植物園で、
オスのレッサーパンダ「次郎」(17歳)が熱中症で死んでいたことが
わかった。(読売新聞)



次郎……(´;ω;`)
熱中症の事故――お年よりだけでなく学生にも起こっていますね。

熱中症のこわいのは、脱水が自分で把握できていないこと。

少しぐらい体が脱水を起こしていても、ちょっとはムリが
効いてしまいます。

そのわけはおしっこ。

からだが脱水を起こすと、作られた尿から、また水分が
再吸収されているのです。(夏場の朝、おしっこが少ないですよね)


しかし、ムリが効くからとそのまま水分を補給しないと――

細胞は水不足に陥り、脱水。熱中症や動脈硬化、心筋梗塞といった
トラブルを引き起こします。

さて

熱中症予防の水の取り方


・ 水は一日最低でも1.5リットルとりましょう

(ほんとうは2.5リットルですが、食事から1リットル得ています)


・ 小分けに飲みましょう

(いっぺんに飲んでも尿として排出されてしまいます。ちょっとずつ)



 お水だけ飲んでも、汗をかいていると塩分が薄まっているので
 水200mlにたいし、塩ひとつまみ程度いれるといいそうです。
 ( ̄ー ̄)v








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。